リンク集サイトマップ

入れ歯

総入れ歯の種類

チタン床義歯

チタンとはロケット、航空機などのハイテク分野から、
最近は眼鏡のフレームやスポーツ用品など、近年話題の最先端金属です。
安定した皮膜に包まれており、金属の消耗や溶け出すことが無いのでアレルギー等が発生しません。
また、口の中でスプーンをなめた時のような金属特有の味がしないので、
味覚の違和感が無くお食事を楽しむことが出来ます。
一般的に入れ歯に用いられる金合金の約1/4の重さでとても軽いです。

コバルトクロム床義歯

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。
厚みがレジン床の約1/5と薄く、口の中に入れてたときの違和感が少なく、
食事の際も熱がよく伝わります。
丈夫で、永く快適にご使用頂けます。

磁性アタッチメント(維持装置)

磁石を利用して入れ歯を固定する『磁性アタッチメント』は、すっきりとした装着感の入れ歯です。
固定するためのバネがないため、装着方法も取り外しもずっと楽で、お口の中の違和感も軽減します。

プラスチック義歯(保険適用)

プラスティックでできた入れ歯で保険が適用されるので経済的です。
しかし、保険診療では材質、形態などに制限があります。

シリコン床義歯

歯ぐきに接触する面に特殊加工した入れ歯です。
弾力性のある軟性樹脂(シリコン状の素材)を使用しているため、歯ぐきに加わる負担を軽減させ、痛みを感じません。

総入れ歯一覧表

★の数は比較の目安です。お口の状況によって変わる場合があります。

素材・名称 写真 ワンポイント 素材 違和

(薄さ)
耐久性 清潔感 長所 短所
チタン
床義歯
チタン床義歯



義歯床に
チタンを使用









○薄いため違和感が少ない
○硬いため、安定した噛み心地になる
○上あごの場合、食べ物の熱が伝わる
○割れにくく、変形しない
○軽い
○金属アレルギーにならない
 
コバルトクロム
床義歯
コバルトクロム床義歯





義歯床に
コバルトクロム
を使用







○薄いため違和感が少ない
○硬いため、安定した噛み心地になる
○上あごの場合、食べ物の熱が伝わる
○割れにくく、変形しない
×金属アレルギー になることがある
磁性
アタッチメント
(維持装置)
磁性アタッチメント(維持装置)

さまざまな種
類がある。
入れ歯の
補助的な
固定装置。








○入れ歯が外れにくい
○しっかり噛める
×お口の状態に よっては 使用できない
プラスチック
義歯
(保険適用)
プラスチック義歯(保険適用)


義歯床に
プラスチック
を使用

○健康保険が適用できる
○調整が容易
×精度を高く作るのが難しく、安定して噛めない
×口の中の違和感が大きい
×割れたり変形しやすく、耐久性が低い
×上あごの場合、食べ物の熱が伝わらない
PAGE TOPへ

南大井歯科クリニックTOPクリニック案内一般歯科無痛治療入れ歯小児歯科
審美歯科インプラント顎関節症矯正歯科料金案内求人募集アクセス

copyright(c)2009 南大井歯科クリニック All Right Reserved.