リンク集サイトマップ

入れ歯

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯

入れ歯(義歯)には健康保険適用の保険適用の入れ歯と
健康保険適用外の入れ歯の2種類があり、診療内容や入れ歯(義歯)
に使用される材料の違いによって分かれます。

以下は用途別に挙げてみました。

総義歯の場合

保険の義歯はプラスチックで自費の義歯は金属床です。
プラスチックは割れやすいので、ある程度の厚みを持たせて
作っていますが金属床は薄く作れるので異物感が少なく快適です。
金属はチタンが軽いとされています。

部分義歯の場合

保険の義歯は使用できる部品が決まっています。
自費の義歯は設計が自由ですので審美的にもできます。

噛みぐあい

保険と自費にかかわらず、噛んだ時の違和感や痛みなどは 医師の経験や技術によりかなり違ってきます。
保険の場合は既製品の服を買うのと同じで、入れ歯の不具合をある 程度我慢しなければならないことが有るかもしれません。
自費の場合は歯科医が考えている最高の治療が可能なので歯科医の能力がフルに発揮できます。
患者様と歯科医が協力してより良い入れ歯を作れます。

PAGE TOPへ

南大井歯科クリニックTOPクリニック案内一般歯科無痛治療入れ歯小児歯科
審美歯科インプラント顎関節症矯正歯科料金案内求人募集アクセス

copyright(c)2009 南大井歯科クリニック All Right Reserved.