リンク集サイトマップ

インプラント

治療のステップ

診査診断と治療計画 インプラント手術 人工歯の取り付け メインテナンス

診査診断と治療方針

模型やレントゲンなどによる十分な診査診断を行い、
治療計画についての説明を受けます。

インプラント手術

歯がない所ヘインプラントを埋め込んだ後、
あごの骨にしっかりと結合するまで、6週間~6ヵ月ほど待ちます。
※骨の状態など様々な条件により異なります。

インプラント手術

人工歯の取り付け

人工歯の取り付け

インプラントの上に土台を取り付けて、その上に人工歯をかぶせます。
インプラントが骨としっかりと結合し安定するまで待って、
この上に人工歯を取り付けます。
※待つ期間は、インプラントの種類・手術法・骨の状態・全身状態など
により決定されますが、おおむね6週間~6ヵ月ぐらいです。

取り付け方は、大きく分けて次の3つです。

完全に固定する

完全に固定する

インプラントのヘッドにセメントを用いて人工歯を接着します。
よく噛め、ネジ穴がないのでかみ合わせがつくりやすく
見た目にもきれいです。

ネジで止める

ネジで止める

インプラントのヘッドと人工歯をネジで止めます。
定期検診などの時に歯医者さんで外してもらい、
インプラントと歯肉を清潔にすることができます。

入れ歯にする

入れ歯にする

インプラントのヘッドに棒状・球状または磁性の維持装置を取り付け、
入れ歯を固定します。

メインテナンス

メインテナンス

インプラント治療後は、正しいホームケアを行うとともに、 先生の指示に従った定期検診が必要です。
インプラント治療が終わっても、それで安心することはできません。
人工歯は、天然歯のような防御機能がありませんから、
毎日の家庭でのケアと定期的な検診を欠かさす、きちんとメインテナンスをするようにします。

ホームケア

ホームケア

ブラッシングを徹底的に行います。インプラントは天然歯に比べ、
構造的に人工歯の根元が細くなっているので隙間ができます。
普通のブラッシングに加えて、歯間ブラシや抗菌剤入りのリンスなどを使って
徹底的に口腔内を清潔に保つようにします。

ドクターケア

ドクターケア

定期的な検診は、最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら2、3ヵ月に1回、
最終的には半年に1回が目安になります。
インプラントの状態やかみ合わせに不都合がないかを調べます。
また、歯科衛生士に、□腔内の衛生状態などをチェックしてもらい、
専門的な清掃(PMTC)を受けます。

ページTOPへ

南大井歯科クリニックTOPクリニック案内一般歯科無痛治療入れ歯小児歯科
審美歯科インプラント顎関節症矯正歯科料金案内求人募集アクセス

copyright(c)2009 南大井歯科クリニック All Right Reserved.