リンク集サイトマップ

小児歯科

子供のうちに予防処置をして虫歯になりにくい歯を作りましょう!

小児歯科Q&A

キシリトールのガムは子供に食べさせた方がよいのですか(効き目はありますか)?

予防にも効果があると言われています。
咬むことはとてもよいことですが、甘いものを食べ続ける習慣にはならないように気を付けてください。

仕上げ磨きはいつまで(何才になるまで)やればよいのか?

その子のテクニックにもよりますが、大体小学校の中学年くらいまで。
高学年に第二大臼歯が生えてきますが、その時までには完全に自分で磨けるようにしてください。

歯磨きの時に暴れて磨かせてくれない場合、どうすればいいですか?

初めは子供の機嫌のよい時間帯を選んで歯磨きをしましょう。
いきなり磨き始めないで、まず口の中をよく見ることから始め口を開けてくれたら手早く磨いていきます。
子供は真似をするのが上手です。親・兄弟が磨く姿を見せるのもいいでしょう。
少しでもできたら、褒めてあげることも大切です。
3才からは、話をして、言い聞かせて、家庭で楽しく歯磨きをするように心掛けましょう!。

フッ素はどのくらいの割合で塗った方がよいですか?

歯が萌出してから1~2年はカリエスリスクが低い子で3ヶ月に1度。
高い子で1ヶ月に1度が目安です。

磨いているのにむし歯が出来るのはどうしてですか?

様々な原因が考えられます(食事・間食の取り方、歯の質やむし歯菌の数など)が、
よく磨いているつもりでも磨き残しあることがほとんどです。
プラークも白で、カラーテスターなどを使用すると、磨き残しがよく分かるのでよいと思います。

どうして乳歯を治療しなければいけないのですか?

ごく小さいカリエスならほとんど影響はありませんが、神経にまで達するのものであると、
交換の時期が早くなったり、遅れたり、永久歯の生えてくる位置にまで影響を及ぼすことがあります。

下の永久前歯が乳歯のうら側から生えてきてしまった!

正常です!スペースがあれば徐々に前に出てきます。
早くスムーズに前に出てくるためにも乳歯の抜歯をすすめます。

かみ合わせが反対です。どうすれでばいいですか?

前歯がはえたばかりの頃は反対でも、奥歯がかみ合う3才頃に治る場合もあります。
治らない場合には、あごの成長を考えると、むし歯列で治した方がよい場合もあります。

子供のむし歯菌は親からうつる?

生まれたばかりの赤ちゃんの口のには、むし歯菌はいません。
虫歯菌は周りの大人から、食べ物、食器、つばなどを通じて子供にうつります。
赤ちゃんの一番身近にいる大人が親の場合が多いので、親からうつることが多くなります。
ただし、うつっただけではむし歯菌はできません。
砂糖が一緒にあって、初めてむし歯になってきます。

PAGE TOPへ

南大井歯科クリニックTOPクリニック案内一般歯科無痛治療入れ歯小児歯科
審美歯科インプラント顎関節症矯正歯科料金案内求人募集アクセス

copyright(c)2009 南大井歯科クリニック All Right Reserved.